●超音波洗浄の受け付けについて

 

●今までにも何回か洗浄のみ、あるいは表面処理後の超音波洗浄の依頼はあったのですが、

今回から正式に超音波洗浄のみでのご依頼もお受けすることにいたしました。

 

↑超音波洗浄機にて洗浄中の様子(オイルブロック)の例

細かい金属粉(切削加工時に内部に残ったもの)が出てきているのがわかると思います。

 

●超音波洗浄というのはその名の通りで、よく市販品でもメガネの洗浄などで小型のものが

売られていますが、あれのもっと大きい、超音波の力の強い業務用のものです。

具体的には、洗浄液を混ぜた温水(だいたい50度〜60度くらいの温度にします)に部品を

入れ、その状態で超音波を3分から7分程度(ワークの大きさや汚れ具合で時間を変えます)

超音波を当てておこなうものです。

その後、温水にて洗剤分を流れ落とし乾燥させ、必要に応じて防錆油を塗布して終了します。

 

とくに、サンドブラスト後やWPC処理後の表面に軽く食い込んだガラスビーズやセラミック

粒子を落としたい場合、また、バフ研磨後にこびりついたバフ研磨剤の洗浄等に有効です。

また、エンジン分解後のパーツのオイル汚れなどの洗浄にも有効です。

加工後についた金属粉(切り粉)、たとえばシリンダーヘッドのポート研磨などをおこなった

後の研磨粉の奥まった細部についた部分を洗い流したい場合などにも有効です。

 

●洗浄可能な大きさ等

当方で所有している超音波洗浄機の容器部のサイズは縦300mm、横410mm、深さ250mm

となっていますので、この中に入るサイズであれば問題ありません。

ですので対象は基本的に小さなパーツが多くなるのですが、たとえばシリンダーヘッドや

ヘッドカバーのようなものでも、トンボしながら(つまり、半分づつ回して浸けながら)

おこなうことで可能ですので、一般的な直列4気筒程度のサイズならまず問題ありませんし、

2000ccクラスまでなら直列6気筒のヘッドでも可能な場合もあります。

ただ、あまり大きいものや重いものはできませんので、いちおう上記寸法を目安にしてください。

重さはせいぜい片手で軽く持ち上げられる程度(せいぜい5kg程度まで)までとお考えください。

また、逆に時計の部品のような極端に小さいものもご遠慮ください。 紛失の可能性があります。

↑エンジンパーツ洗浄の例。 WPC処理後の洗浄をしているところです。

 

●洗浄不可能なもの

マグネシウム材のものはNGです。 使用する洗浄剤との相性の問題で、表面の艶がなくなり、

色も黒ずんでしまうのです。

あとは耐熱性の低いものや、酸やアルカリに極度に弱い材質や表面処理のものも問題が生じる

可能性がありますので避けてください。

また、樹脂やゴム製品など、軟質素材の場合は超音波を吸収してしまうことから効果が薄れる

ことがあります。

↑超音波洗浄できない部品の例。 ポルシェのファンカバーはマグネシウム材のため

超音波洗浄できません。 おこなうと艶が退けて真っ黒になってしまいます。

 

●注意事項

★たとえばエンジン分解したパーツなど、泥汚れやおおまかな油汚れ、カーボン付着などは

なるべくお客様のほうでパーツクリーナーやカーボン除去剤などで綺麗にしておいてください。

超音波洗浄は基本的に手の届きにくい箇所の最終洗浄手段という考えでお願いします。

★基本的にこびりついた油汚れや表面に浮き出ている汚れは取れますが、あまりに頑固で浸透して

いたり、焼き付いたりしているような頑固な汚れまでは取れません。

★油汚れについては、たとえばスラッジ程度までなら取れますが、完全にカーボン化して焼き付い

ているような状態になるとさすがに取れません。

★頑固な部分は超音波だけでなく、ブラシ等も併用してできるだけ取るようにいたしますが、頑固

な汚れは100%までは取りきれないことがありますのでご了承ください。

★洗浄後は汚れや表面の油脂分が飛ぶことなどから多少、表面の風合いが変わることもあります。

★なお、洗浄後は油分が完全に除去されるので、そのままでは錆びのおそれのある品物については

薄く防錆油を塗布して納品いたしますが、最小限の処置ですのでできるだけ早くご使用ください。

そのまま長期間放置されますと、錆び、腐蝕の発生の原因となりますのでご注意ください。

 

●金額および納期

洗浄のみですのでそれほど高いものではありませんが、その都度洗浄液を入れ替えることと、

昇温と超音波の電気代など、そのあたりの経費がそれなりにかかります。

一例として、上記写真エンジンパーツの洗浄で一式2000円から3000円程度が目安になります

(送料は別途かかります)。 また、汚れの程度によっても金額は変わります。

納期は早ければ2日程度、遅くても1週間程度が目安です。

 

●以上ですが、より詳しい説明はメール等でのお問い合わせの際に追加でご説明いたします。

お問い合わせ、ご発注は以下のメールアドレスおよび問い合わせフォーム、携帯電話にて。

→メインのメールアドレス SASAMIC43@aol.com

→サブのメールアドレス FZB04140@nifty.ne.jp

→webブラウザからの問い合わせフォーム

→携帯電話 090-1531-3609

トップに戻る | 製作加工可能材質 | ひとこと | 今までの実績 | お支払いとか

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー