●粉体塗装および結晶塗装についての注意事項

●当方では鉄、アルミをはじめ金属部品に対しておこなう粉体塗装および結晶塗装

(チヂミ塗装、リンクル塗装とも言います)を受け付けております。

↑軽自動車エンジンヘッドカバーに赤の結晶塗装を施した例。

↑こちらはイタリアンレッド+光沢クリアーコートで粉体塗装をした例。

 

●粉体塗装の概要

粉体塗装(パウダーコート)とは通常の塗装のように塗料を溶剤で溶いて吹き付ける

塗装ではなく、溶剤を使わずに直接、高温で溶けた塗料の樹脂そのものをワーク(品物)

にコーティングする塗装方法です。 特徴は塗膜が厚く、柔軟性があることです。

なお、高温(約180度)にすることから樹脂部品には処理できません。金属専用です。

↑タワーバーベースに施した粉体塗装。 クリアーブルーです。

 

●結晶塗装(縮み塗装)の概要

結晶塗装(チヂミ塗装、リンクルペイント)とは表面にわざと細かいシワを生じさせて

仕上げをおこなう塗装です。 この塗装も処理温度が高温なため金属専用です。

↑サーモスタットケースに施した結晶塗装の例。

↑ヘッドカバーに黒の結晶塗装の例です。

↑結晶塗装の表面仕上がり例。

 

●色について

粉体塗装、結晶塗装に共通して言えることなのですが、通常の塗装のように色を混ぜて

の調色、いわゆる色合わせはできません。 あくまでも単色での塗装となりますので、

当方で用意している塗料の種類の中から1色を選んでの塗装となりますことをご了承

ください。 つまり「この色に合わせて塗って欲しい」などのご要望にはお応えできま

せんのでご理解のほどよろしくお願いします。

また、その用意している塗料の種類(色)も時期や塗料の仕入れ先によって変わります

ので、たとえば「前回塗ってもらった色と同じ色で塗って欲しい」というご要望には応え

られるときと無理なときがあります。

このページに載せているサンプル写真の色もあくまでも参考としてのカラーですので、

実際に塗装した色とは色調、濃さなどが微妙に異なることがありますのでご了承ください。

 

●耐熱性

粉体塗装、結晶塗装ともに実用上の耐熱性はだいたい100度〜120度あたりまでです。

ただし、高温になると塗膜は軟化しますので、塗膜の強度が確保できるのはもっと低い

温度になります。 実用上はエンジンのヘッドカバー程度の温度が上限とお考えください。

↑ヘッドカバーの粉体塗装例。 ※オイルキャップはスパッタリングメッキによるものです。

 

●耐溶剤性

一般的なペイントシンナー(うすめ液)やガソリン程度ならば付着してもすぐに拭き取れば

問題はありませんが、長時間ついたままにすることは塗膜が軟化しますので避けてください。

 

●処理できる材質

一般的な鉄、アルミ、ステンレスなどの金属部品に可能です。 樹脂は熱に耐えられないため

不可能です。 なお、マグネシウムについては、表面に陽極酸化皮膜処理が施されているもの

のみ可能です(マグネシウム素地には処理不可能です)。

 

●被処理材の注意点(鬆、腐蝕状態)について

粉体塗装および結晶塗装は前述の通り、処理時に100度をはるかに超える温度まで上げます。

このとき、ワーク(被処理物)内部に気泡や空間があるとそこが発泡して塗装面に気泡(泡)

が発生して綺麗に仕上がらないばかりか、塗装膜の密着も悪くなります。

ですので、とくに内部に鬆(す:鋳物内部の微細な気泡)のある素材や、アルミ材に多い

表面に腐蝕(腐食)のある素材などはこのような不具合が発生しやすいのでご注意ください。

僅かな腐食や鬆であれば専用のパテを使用して埋めて修正もできますが、やや酷い腐蝕や鬆

はさすがに手に負えませんので、そういう品物については基本的にお断りせざるを得ない場合

がありますのでご了解のほどお願いします。 そういう状態のものでもどうしてもおこなって

欲しいという場合は、仕上がりに不具合が発生してもノークレームであることが前提となります。

(場合によっては粉体塗装を避け、通常の溶剤塗装の2度塗りで対応することもあります)

↑ヘッドカバーへの結晶塗装例。 このようにネジ座面やオイルキャップ座面、裏側など

塗料がついて困る場所は当方でできる範囲はマスキングします。

 

●適用部品の例

エンジンヘッドカバー、ポイントカバー類、アルミホイール、オートバイスイングアーム、

フロントフォーク、プーリーカバー …その他、アルミ、鉄部品等

↑オートバイホイールへの粉体塗装例。 リムポリッシュ+ディスク部ブラック塗装。

 

●納期、金額について

たとえば、このページの冒頭にある軽自動車ヘッドカバーの結晶塗装で約35000円から

40000円程度になります。2000ccクラスのヘッドカバーで約50000円から60000円

程度からになります。(腐蝕が酷いなど表面状態が悪い場合などや、メタリック、パール

など特殊な塗装はもっと高くなります)

納期は、通常2週間から3週間程度です。(連休等を挟む場合はそのぶん延びます)

 

↓メッキ、塗装のサンプル写真のページです。 仕上がりの参考になれば幸いです。

(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)(その6)(その7)

(その8)(その9)(その10)(その11)(その12)(その13)(その14)

(その15)

 

メッキ受け付けページに戻る

トップに戻る | 製作加工可能材質 | ひとこと | 今までの実績 | お支払いとか

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー